2008年6月17日

新潟県阿賀野市農業委員会が視察に訪れました

視察.jpg 6月17日に、新潟県阿賀野市農業委員会(会長 古川重夫 氏)の農業委員 17名の方が当法人を視察研修に訪れました。

 当地域からは、石山理事長をはじめ当法人の四役会議のメンバーと事務局から10名、そして秋田県平鹿地域振興局農林部より2名、横手市平鹿地域局産業振興課より1名、横手市農業委員会事務局より2名が研修に参加し、意見交換をしました。

 研修の内容は、阿賀野市農業委員会の古川会長のあいさつ、当法人の石山理事長から歓迎のあいさつをし、その後、秋田県平鹿地域振興局の村上さんから秋田県における農地・水・環境保全向上対策事業の取組状況の概況説明がなされました。

 そして、当法人の渡部副理事長から当地域における農村環境の状況説明及び当法人の概況説明、農地・水・環境保全向上対策事業の取組の方針、事業の必要性・重要性を説明をしました。

 また、当法人の小野寺事務局長から平成19年度の活動内容の説明を行い、その後、意見交換を行いました。

 この度、阿賀野市農業委員会の視察を受け、それぞれの地域が農村環境の維持向上、地域の活性化のため農地・水・環境保全向上活動に取り組んでいることを確認をしました。また、この事業が農村や農家にとって重要かつ必要な事業であることを確認しました。

視察研修の意見交換は、秋田ふるさと農業協同組合里見総合支店の研修室で行いました。

 

2008年6月 9日

交流農園 === サツマイモの定植を行いました

  画像 041.jpg

 遊休農地を活用した地域の交流農園を昨年に続き設置しました。

 交流農園には、樽見内保育園(武藤吉克園長)の園児20名と地域の老人クラブ、婦人会などから45名の参加をいただき、総勢65名でサツマイモの苗 1,100本を定植しました。

 今日植えたサツマイモの苗は、当法人で管理をし、10月の中旬に保育園児たちと芋ほりをし、地域の収穫祭を開催する予定です。 画像 042.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

2008年6月 4日

草刈機の替刃を農家に提供しました

     画像 039.jpg                               5月下旬、会員の農家に草刈機の替刃の提供をしました。

 農家に提供した替刃は、120枚です。 また、替刃の提供に際し、農家所有の草刈機の確認と替刃の提供を受けた署名をいただきました。                           

 当法人では、従来より農家が農作物を生産するために自己の耕作地及びその周辺の水路や農道の草刈作業に対し、農地・水・環境保全活動事業交付金から対価の支払いをしていないため、予てより農家より要望があり、替刃の提供を実施しました。 

 当法人では、地域の主要水路の法面、主要農道や耕作放棄農地等の草刈り作業を法人自ら実施するために、ウィングモアを2台、背負い式草刈機を2台所有しています。

 また、当法人では、草刈り作業に従事する農家会員には、傷害保険の加入をしておりますが、作業に従事する際は事故の無いよう充分に注意を払うよう指示しています。 

画像 040.jpg

 

只今、草刈り作業が真っ盛りです。