2009年8月29日

岩手県金ヶ崎町、中組営農組合が研修に来ました。

 8月29日(土)、樽見内営農組合に岩手県胆沢郡金ヶ崎町の中組営農組合(組合長 伊藤雅章さん) 9名が視察研修に訪れました。

 研修、意見交換会は、JA秋田ふるさと 里見総合支店の会議室で行いました。

IMG_1581.jpg

 

2009年8月27日

横手市、農地・水・環境保全向上対策現地研修会が開催されました

 8月27日(木)、横手市の農地・水・環境保全向上対策現地研修会が、横手市平鹿町の活動組織である当法人、樽見内地域資源保全委員会を現地会場に開催されました。

  この度開催された横手市現地研修会は、7月16日に横手市平鹿町の横手市平鹿生涯学習センターに於いて開催された平成21年度 農地・水・環境保全向上対策に係る東北農政局と秋田県活動組織との現地意見交換会において250名近い参加者があり、横手市の活動組織が現地視察を交通事情の手配の関係で取りやめたため開催しました。

 現地視察は、樽見内地域資源保全委員会で実施している水路等の農業施設の改修及び補修工事と景観形成の植栽地、交流活動の交流農園等を見てまわりました。

 現地研修会の参加者は、72名でマイクロバス2台で現地視察箇所の移動をし、現地説明は当法人副理事長の渡部が行いました。

P1030609.jpg 現地研修会で挨拶する渡部

P1030612.jpg 水路補修個所の見学

P1030616.jpg ビォトープの見学

P1030620.jpg 花畠で説明する渡部

P1030626.jpg 夢花壇の見学

 

2009年8月24日

子供達と一緒に「水路にすむ魚や生き物しらべ」を行いました。

 8月24日(月)、子供たちの夏休みの最後の日となりましたが、生態系保全活動のひとつとして、用水路の水生物、魚類の調査をしました。

 子供たちの参加は6名でしたが、サポートの7名の大人たちと一緒ににぎやかに実施しました。

 普段、水路は危険な場所と注意をされている子供たちですが、この日は大人たちに見守られて安全に魚とりに興じました。網を入れ、えんぶりで追うと、思いのほかいろいろな小魚が捕れて、みんな夢中になりました。

 当法人で造成して管理をしている生態系観察池ビオトープの生息状況についても調べ合いました。造成して2年目、確実に生き物は増えてきているようです。

 確認した水生生物、魚類は、次の通りです。

 コイ、 フナ、 キンギョ、 モツゴ、 オイカワ、 タナゴ、 メダカ、 ゴリ(カジカ)、 ドジョウ、 ザリガニ、 ゲンゴロウ、 アメンボウ、 ミズスマシ、 マツモムシ、 ヤゴ、 タニシ、 カラスガイ、 カワニナ、 アメリカザリガニ(アメリカザリガニの多いのには驚きました)

  P1030568.jpg 用水路で捕獲

P1030570.jpg ビォトープでの調査

  P1030580.jpg 捕獲した魚の仕分け

P1030585.jpg 捕獲した魚

P1030575.jpg 調査に参加した子供たち

 

2009年8月 9日

「水の学び ― 雄物川をたどる集い」を開催しました。

 8月9日(日)、当法人主催の「水の学び ー 雄物川をたどる集い」を開催しました。

 田んぼの水は何処から流れてきて、何処へ流れて行くのだろう ・・・・・ そんな疑問をさぐる「水の学び」をこれまで、昨年は成瀬川、一昨年は皆瀬川の流れをたどり水源地への探索を行いました。

 今年はさらに、私たちの田んぼをうるおした水はその後何処へ泣かれて行くのだろうという疑問をさぐり、雄物川の流れをたどる集いを行いました。

 この集いは、地域の子供たち、そしてその親たちに、農地や水、農村の環境保全に関心を持ってもらい、自然の恵みを肌で感じてもらうことを目的に開催しております。

 今回の水の学びー雄物川をたどる集いには、小学生33名、保育園児4名、保護者29名、当法人役員9名が参加しての開催となりました。

 集いの内容は、雄物川をたどる集いに出発する前に、樽見内地区公民館において、国土交通省 東北地方整備局 湯沢河川国道事務所 調査第一課 専門調査官 高橋芳成さんからスライドによる「雄物川について」のお話をしてもらい、その後大型バス二台で雄物川をたどる集いに出発となりました。

 横手市大森町にある山城堰頭首工を見学をし、秋田市の仁井田浄水場を見学させて頂きました。

 そして、旧雄物川の河口と秋田港を眺望できるセリオンで昼食をとりました。

 午後には、国土交通省 東北地方整備局 秋田河川国道事務所 調査第一課長 天野厚毅さんの案内で雄物川の河口と河川公園の説明をして頂きました。

 今日一日、子供たちと保護者そして私たち役員が、雄物川について学び、水の大切さを改めて感じました。

 河川に流れいくるゴミのこと。 コップ一杯の汚れた水をきれいにするには、どれだけの量の水が必要か。 雄物川に住む魚たちのこと。 水道水をつくる浄水場の役割。 河川公園などの整備状況。 雄物川の河口付近のことなど普段接することのないことを学びました。

 水の学びー雄物川をたどる集いの開催にあたり、ご協力を頂きました湯沢・秋田河川国道事務所、秋田市仁井田浄水場の関係者に感謝を述べさせて頂きます。 ご協力、ありがとうございました。

P1030504.jpg 高橋さん、雄物川についてのお話。

P1030506.jpg 山城堰頭首工での説明。

P1030510.jpg 仁井田浄水場のビデオ説明。

P1030513.jpg 仁井田浄水場、施設の説明。

P1030519.jpg 仁井田浄水場、水の浄化の説明。

P1030526.jpg 仁井田浄水場、学習館の見学。

P1030530.jpg

   仁井田浄水場の学習館前で、記念写真。

P1030537.jpg 天野さん、雄物川の河口説明。

P1030541.jpg 河川公園から河口を望む。