2010年5月10日

鹿島梨の花が満開です。

 今、鹿島梨の花が満開です。

 私達の地域を守ってくれている梨の木、樽見内地域保全委員会のシンボルの梨の木が満開です。

 どうぞ、横手市平鹿町樽見内字土田の地に足を運んでみて下さい。

P1000711.jpg

 5月9日午後に撮影しました。

P1000713.jpg

 梨の木の花です。

P1000716.jpg

 5月10日午前の撮影です。右に写っている白い山は、鳥海山です。

P1000719.jpg

 鹿島様を祭っている梨の木です。

 

2010年5月 6日

いま、「鹿島梨」の花が満開まぢかです

 樽見内地域資源保全委員会のシンボルともなっている「鹿島梨」の花が、いま、満開に近づいています。この週末が一番の見ごろとなりそうです。

 樹齢150年とも言われる「梨」の大木の枝に、まるで雪に覆われたように白い花が咲き満ちているの圧巻で見ごたえがあります。

 鳥海山を背景に写真の被写体としてもおすすめですので、関心のある方は早めにどうぞ。

 場所は、樽見内地区の国道107号線沿いで、平鹿町方面からは、「十字路花壇」のある十字路を左折して500メートルほどの右側の田んぼの中です。 

 

保育園児と花壇への植栽をしました

 5月6日午前、樽見内地区農村公園前の花壇に花苗の植栽をしました。天気もよく、夏を思わせるような暑さの中で汗をかきながらの活動となりました。参加したのは大人18名、樽見内保育園児の年長・年中組の園児24名で、にぎやかに実施されました。

 植栽されたのは、ペキュニア・サルビア・ベコニア・キンレンカ・ヒャクニチソウなどで、6個の花壇に計200本ほどの花苗でした。園児の皆さんは大人の方々に手伝ってもらいながら、小さな手で一生懸命植えてくれました。小さな「じょうろ」でお水をかける姿もほほえましいかぎりでした。

 今回はNPO組織として奉仕活動の作業でしたが、先日の「十字路花壇」の植栽と同様に、地域の有志の皆さんがすすんで参加してくださり、無事終えることができました。

P1000275.jpg 花を植えています。

P1000282.jpg 手伝いますよ。

P1000289.jpg みんなで記念写真。