2011年1月29日

お知らせ、「第4回 農村環境・環境保全型農業を考える集い」を、平成23年2月22日(火)に開催します。

 農地・水・環境保全向上対策事業を実施されてから当法人の主催で、(財)日本土壌協会長・東京大学名誉教授 松本 聰 先生をお招きをして開催しています「農村環境・環境保全型農業を考える集い」を下記の要項により開催しますので、お知らせします。

 ◎ 開催日程、要項

1. 集いのテーマ  「 いま、もう一度、稲作農業を見つめ直そう 」

 昨今、農村や農業が抱えている課題が数多くあります。

 少子高齢化社会の現実、農業の担い手不足、耕作放棄地の発生など農家・農業者だけでは解決の糸口さえ見出すことが困難となっています。

 また、平成22年度より農業者戸別所得補償制度が始まり、貿易自由化論議や国内農業対策のことなどの議論が盛んに行われており、私たち農家を取り巻く環境が著しく変化をしています。

 そのような農村の現状において、農地・水・環境保全向上対策事業は農村地域の活性化の一役を担っています。

 農村の活性化に、農業経営に其々の思いを抱いている人が集まり、地域農業の維持と活力のある農村の糸口を見出すために集いを開催します。

2. 集い開催日時

      平成23年2月22日(火) 午後1時~5時

3. 集い開催会場

      平鹿生涯学習センター 講堂

         住所 : 秋田県横手市平鹿町浅舞字覚町後

         TEL : 0182-24-1340

4. 集いの基調講演

      「農業者戸別所得補償制度下の農業の展開と地域の対応方向」

         農林水産省東北農政局 

             生産経営流通部 次長            高橋 伸悦  氏

      「稲作農業をめぐる課題とそれらに打ち勝つ対策」

         財団法人 日本土壌協会・会長

         全国環境保全型農業推進会議 会長

         東京大学名誉教授、秋田県立大学名誉教授   松本  聰  氏

      「地域の特性を生かした健康な稲作づくり」

         秋田県農地・水・環境保全向上対策に関する検討委員会 副委員長

         JA全農あきた 米穀部 参与            児玉  徹  氏

5. 集いの参加申込

      集いの参加は、無料ですが、

      集い資料作成、会場手配等の準備のため、

      2月15日(火)まで、当法人に申込をして下さい。

      なお、申込書を作成していますので、次に連絡をして下されば、申込書を送付します。

         TEL 0182-24-3986   FAX 0182-38-8858

6. 懇親会の開催

      集い終了後に会場を移し、ご講演を頂いた講師先生を囲んでの懇親会を開催します。

         懇親会の会場    交流センター 雄川荘

                       住所  横手市雄物川町今宿字郷

                       TEL  0182-38-6530

         (1) 会場移動   集い終了後、雄川荘のマイクロバスで移動します。

         (2) 開催時間   午後6時~8時30分

         (3) 懇親会費   参加者お一人 5,000円の負担を願います。

         (4) 宿泊について

                     希望により、宿泊の手配をします。

                     宿泊される方は、宿泊費 5,000円の負担になります。

7. 集いの共催団体

         横手市

         秋田県農地・水・環境保全向上対策地域協議会

         平鹿地域農地・水・環境保全向上連絡協議会

         M4連絡会(樽見内・豊前・甚平)

8. 集い開催事務局

      統括 樽見内地域資源保全委員会 副理事長  渡部 一男

          樽見内地域資源保全委員会 副理事長  武藤 吉克

          樽見内地域資源保全委員会 事務局長  小野寺 幸雄

          平鹿地域農地・水・環境保全向上連絡協議会 事務局  菅原 武夫

          横手市平鹿地域局産業振興課 副主査  伊藤 良

 

 

 

2011年1月28日

青森県農地・水・環境保全向上対策リーダー育成研修会に参加しました。

 1月28日、青森市民ホールで開催されました「平成22年度 青森県農地・水・環境保全向上対策リーダー育成研修会」に当法人から 3名参加しました。

 主催者である青森県農地・水・環境保全向上対策地域協議会が東北各県の活動組織にも参加を呼び掛け、青森県の活動組織以外に岩手県、秋田県、山形県からも多くの参加者があり、約500名近い活動組織関係者が集まり、盛会に開催されました。

 研修会は、青森県における活動組織の優良活動表彰、基調講演、ディスカッションが行われました。

 基調講演は、次の二人の方がお話になりました。

  「農地・水・環境保全向上対策の中間評価と今後の動向」

    農水省農村振興局整備部農地資源課 農地・水・環境保全対策室 課長補佐 齋藤 伸 氏

  「東北管内における農地・水・環境保全向上対策の取組状況」

    農水省東北農政局整備部農地整備課 保全指導係長  杉野 敏寿 氏

 そして、ディスカッションは、優良活動表彰を受けた5活動組織の代表の方と、基調講演された方が参加し、コーディネーターに弘前大学名誉教授 谷口 建 氏がなり進行されました。

P201101281.jpg

P201101282.jpg

挨拶をする青森県農地・水・環境保全向上対策地域協議会長 福澤 隆二 氏。

P201101283.jpg

ディスカッションに参加された方々。

P201101284.jpg

齋藤 伸 課長補佐、 杉野 敏寿 係長。

P201101285.jpg

杉野係長が、講演で当法人の事例紹介をしました。

 

◎ 渡さんの独り言

 この度の研修会に参加し、農水省の方が当法人のことを様々な機会をとらえて紹介をして下さっていることを知り驚きました。

 そして、杉野さんだけでなく、齋藤さんまでが、以前、私がアンケートに寄せた文面を紹介していることを知り、ありがたく思いました。

 以前、私がアンケート書いたことを改めて紹介します。

 

 農地・水・環境保全向上対策で交付される金額は、私たちの地域にとってとても大きな金額でした。 その交付金をいかに地域に生かすか、どのような活動を実施するか手探りであり、また地域で合意形成するために数多くの会合を開催しました。 そのことが、地域の輪をつくり、地域が和み、また「結い」の精神が生まれてきています。

 私たちの組織は地域住民の理解のもと、特定非営利活動法人(NPO法人)になることができました。 このことは、現在の農村を維持し、次世代に伝えるため、本事業で補えない部分にも手を伸ばすことができます。 また、NPO法人になったことにより、ボランテアの気持ちが育ってきました。

 本対策を地域に取り入れたことにより地域が活性化し、住民が明るくなり、お互いに声を掛け合うようになりました。 そして、農地、農道、水路からは空き缶などのゴミが少なくなり、代わりにきれいな花があふれるようになり、その花畑に農家の人、そうでない人が一緒になって草取りをしています。 みんな楽しく作業をしています。

 また、過疎化しつつある地域において高齢者の活動への参加が多く、その人たちの昔からの知恵を生かして、伝統農法や農村文化、祭りや行事などの再現、継承できるようになり、地域の活性化に役立っています。

 この事業が、農村に暮らす人々にとって必要かつ重要なことになりつつあります。

 私たち組織は、この事業が長く続くよう地域で話し合い、有効に進めていく努力をいたします。

 

 以上の文面です。 我ながら、上手く書いたなぁ と、感に耽っています。

 

2011年1月27日

農事組合法人 樽見内営農組合が設立しました。

 当法人の中核組織である樽見内営農組合が、1月16日に創立総会を開催し、農事組合法人 樽見内営農組合を設立し、1月27日に法人設立申請の届出をしました。

 設立当初の組合員数は、58名で、組合の耕作面積は 約76haになります。

 組合の役員は、次の通りです。

  代表理事  深澤 清助

  理事     渡部 一男、 石山 聞一、 草薙 宗夫、 小川 謙、 首藤 俊行、 渡部 優

  監事     草薙 一美、 草薙 行夫

◎ 組合の住所・電話番号

    〒013-0104 秋田県横手市平鹿町樽見内字三ツ屋92-1

            TEL 0182-24-3986

            FAX 0182-38-8858

P201101161.jpg

創立総会の開催の模様

 

2011年1月 1日

新年あけましておめでとうございます。

 新年あけましておめでとうございます。

 樽見内八幡神社に初詣に行き、新年の祝詞を聞き、そして沢山のお願いをしてきました。

 昨年において、当ブログへのアクセス数が10,000件を超え、また当法人と樽見内営農組合への視察研修者数も1,000名を超えました。これは、私たち活動組織にとって大変な数字です。

 今年も、私たちの活動、村での出来事などを発信します。

 

~お知らせ~

 「第4回 農村環境・環境保全型農業を考える集い」を下記の日程で開催します。

 詳細については、後日、お知らせします。

  開催日時    平成23年2月22日(火) 午後1時より

  開催会場    横手市平鹿町、 平鹿生涯学習センター 講堂

  集いの講演

            ◎ 「稲作農業をめぐる課題とそれらに打ち勝つ対策」

                  講演者  日本土壌協会 会長  松本 聰  氏

            ◎ 「健康な稲作り」

                  講演者  全農あきた 参与  児玉 徹  氏

            ◎ 講演者および内容は未定ですが、東北農政局にお願いしています。

  集い懇親会の開催

      集い終了後、集い参加者による懇親会を開催します。

          平成23年2月22日(火) 午後6時より

          横手市雄物川町 交流センター 雄川荘に於いて

          懇親会会費 5,000円を予定しています。