2011年2月26日

平成22年度あきた農地・水・環境保全研修会に参加しました。

 2月26日、秋田県庁第2庁舎大会議室において開催されました「平成22年度あきた農地・水・環境保全研修会」に、当法人から石山理事長、渡部副理事長、小野寺事務局長の3名が出席しました。

 研修会は、秋田県立大学教授 長濱 健一郎 氏が「農地・水・環境保全向上対策の中間評価と地域資源の課題」の基調講演、 秋田県農林水産部農山村振興課農山村ビジネス推進監 吉尾 聖子 氏が「秋田の原風景をグリーン・ツーリズムに生かす」の講演をし、 その後、三つの活動事例発表がありました。

2011022601.jpg

挨拶をする地域協議会会長 黒子髙夫 氏

2011年2月22日

第4回 農村環境・環境保全型農業を考える集いを開催しました。

 2月22日、平鹿生涯学習センター講堂において、当法人主催による「農村環境・環境保全型農業を考える集い」を開催しました。

 今年で第4回目を迎え、集いに254名の参加を得て、会場満席のうちに盛大に開催されました。

 今年のテーマを、近年、農業の重要な課題である稲作農業に当て、「いま、もう一度、稲作農業を見つめ直そう」ということで、東北農政局生産経営流通部次長 高橋伸悦 氏、 東京大学名誉教授である(財)日本土壌協会会長 松本聰 氏、 そして、JA全農秋田米穀部参与 児玉徹 氏から講演を頂きました。

 最後に、集いのまとめとして、秋田県農地・水・環境保全向上対策に関する検討委員会委員長である秋田県立大学教授 長濱健一郎 氏から挨拶を頂きました。

 今年の集いには、遠路、当横手市平鹿町にお出で下さり、ご指導を頂いた講師の先生方には誠に有り難く、心からお礼を申し上げたいと思います。

 また、岩手県や山形県の活動組織の参加もあり、80を超える関係組織、機関から大勢の参加を得たことは、年追うごとにご理解とご協力の輪(和)が広がっていることと、感謝をすると共に勇気をもらっていると思っています。

 この集い、第5回を開催することを今回集まりの皆さんに伝え、無事終了しました。

 また、集い終了後の懇親会にも、87名の参加を頂きました。

◎ 当日の講演

    東北農政局生産流通部 次長  高橋 伸悦  氏

       「 農業者戸別所得補償制度下の農業の展開と地域の対応方向 」

    東京大学名誉教授 松本 聰  氏

       「 稲作農業をめぐる課題とそれらに打ち勝つ対策 」

    JA全農秋田 米穀部 参与  児玉 徹  氏

       「 地域の特性を生かした健康な稲づくり 」

2011022201.jpg

当法人理事長 石山聞一 の挨拶

2011022202.jpg

秋田県雄物川筋土地改良区 理事長 柴田康二郎 氏、 来賓の挨拶

2011022203.jpg

秋田県農地・水・環境保全向上対策地域協議会 常務理事 水戸憲光 氏、 来賓挨拶

2011022204.jpg

講演をする東北農政局生産流通部次長 高橋伸悦 氏

2011022205.jpg

懇親会の席で、松本聰 先生を囲んで記念写真

 

2011年2月 8日

雪穴で、樽見内保育園児との交流会を開催しました。

 先日作った「ゆきあな(雪穴)」で、樽見内保育園の園児を招いて「交流会」を開催しました。

 天気にも恵まれ穏やかな雪晴れの中でのどかに実施できました。

 9時頃より老人クラブ、NPO関係者が準備を進める中、平鹿町地区生涯教育奨励員10名が到着、雪穴の中に入って「これは珍しい」、「むかし懐かしい」と興味ありげに見学してくれました。市教育委員会の方々、市観光協会の担当も見えて写真撮影などしながら参加してくれました。

 市観光協会からは、「おらほ(私達の方)のかまくら」事業への参加団体の一つとして、甘酒が進呈されました。

 10時、園児25名が引率の先生方と共に到着、総勢60名ほどで、「雪穴」の前にある「集落会館」も使って、にぎやかに「交流会」が開催されました。

 園児達は交替で、昔の作業用「そり」に乗せてもらって大喜びし、また、「雪穴」の中では、餅を食べ、「宝引き」の遊びに楽しそうに興じていました。園児にとって「雪穴」の中は全く不思議な空間であり、なんともいえない体験を味わったようです。

 「会館」では、「甘酒」と「汁粉」がめいめいに振る舞われました。園児達は口のまわりを「小豆」の汁で汚しながら、「おいしい」と何度もお代わりするありさまでした。

 11時30分ころ無事に「交流会」をお開きにしましたが、雪降りが続き明るさも失いがちで、除雪などの疲れもたまっているこのごろでしたが、皆で作った「雪穴」を中心にこうした明るくほほえましいイベントが開催できて、地域にもまた元気が戻ったような感じです。

 

2011020801.jpg 理事長の挨拶。

2011020802.jpg 雪穴の園児たち。

2011020803.jpg 干餅を食べています。

2011020804.jpg ゲームをしています。

2011020805.jpg

会館で、甘酒と小豆汁をご馳走になっています。

2011020806.jpg

大人たちも一緒になって、ご馳走になっています。

2011020807.jpg

交流会の記念写真です。

2011年2月 7日

雪穴のミニかまくらに、ろうそくの火を灯しました。

 雪穴の周りに造ったミニかまくらに、ろうそくの火を灯しました。

2011020701.jpg

2011020702.jpg

2011020703.jpg

ミニかまくらに点灯をした村人が雪穴で寛んでいます。 右にいる村人が渡さんです。

2011年2月 6日

樽見内集落で、雪穴を造りました。

 今年も、昔、樽見内の集落で造っていた雪穴を再現しました。

 村人 20人が集まり、1日がかりで雪穴をつくりました。

 これから数日間、再現した雪穴を通じての集落の交流会を開催します。

2011020601.jpg 雪穴づくりの始まりです。

2011020602.jpg 基礎に杭で屋根の骨組みをします。

2011020603.jpg 屋根の骨組みを組んでいます。

2011020604.jpg 骨組みを「とば」で覆います。

2011020605.jpg 「とば」で覆っています。

2011020606.jpg とばで屋根づくりをしています。

2011020607.jpg 雪穴の入口を造っています。

2011020608.jpg 雪穴の周辺を整備しています。

2011020609.jpg 雪穴の内部です。

2011020610.jpg 雪穴に祭っている水神様です。

  2011020611.jpg 完成した雪穴です。

2011020612.jpg 雪穴をつくった村人達です。