2011年4月29日

第4回平鹿地域農地・水・環境保全向上連絡協議会総会を開催しました。

 4月29日、平鹿生涯学習センターにおいて、第4回平鹿地域農地・水・環境保全向上連絡協議会総会を開催しました。

 総会には、連絡協議会加入組織21組織中、15組織から33名の出席で開催され、提案された3議案が満場一致で承認可決されました。

H2304291.jpg

総会開会にあたり挨拶をする石山聞一連絡協議会長。

H2304292.jpg

総会に来賓として出席をお願いし、挨拶をする横手市平鹿地域局産業建設課長 森谷富男 氏。

H2304293.jpg

総会の議案審議。

 

2011年4月23日

一斉、空き缶・ゴミ拾い活動を行いました。

 4月23日(土)午前6時から、各集落単位で会員が集まり、活動地域一斉の空き缶・ゴミ拾い活動を実施しました。

 小豆田集落、平館集落、樽見内道中集落、堀田集落、新処集落、高畑集落、中在家集落、柄内集落、西柄内集落ごとに朝の挨拶を行い、其々の地域の圃場や道路そして水路からのゴミの除去作業をしました。 約2時間の活動に 176名の地域市民が参加をしました。

 今年で5回目(5年目)になり、道路沿い、水路、農地に捨てられている空き缶や空ビンなどが少なくなりました。 この環境保全事業の効果が一番表れている活動の一つと思います。

 

H23042301.jpg

活動にあたり、樽見内・道中集落で挨拶をする石山理事長 。

 

H23042302.jpg

活動に親子で参加をしました。

H23042303.jpg

お話をしながら活動に参加しました。

H23042304.jpg

各集落で拾い集めたゴミを、樽見内農村公園に集めました。

H23042305.jpg

5年目になり、拾い集めたゴミの量は、実施初年度(平成19年4月)の4分の1程度です。

H23042306.jpg

拾い集めたゴミの分別作業をしました。

H23042307.jpg

この分別作業が手間が掛かり、大変な作業です。

 

2011年4月21日

点検作業、機能診断を実施しました。

 4月21日、基礎活動会議委員で点検作業、機能診断を実施しました。 今年の実施日は、大雪のため雪消えが遅く、今日の実施となりました。

H23042110.jpg

水路桝のコンクリート劣化を確認しています。

H23042111.jpg

用水路の補修個所の計測をしています。

H23042112.jpg

農道の凸凹状態を確認しています。

H23042113.jpg

パイプラインのマンホールを開け、状態を確認しています。

H23042114.jpg

農地の状態を確認しています。

H23042115.jpg

用水路の目地の破損を確認しています。

H23042116.jpg

農道のぬかるみ状態を確認しています。

 

2011年4月20日

NPO視察研修を行いました。

 4月20日(水)、当法人の交流事業であるNPO視察研修を行いました。

 このNPO研修は、今年3月下旬に実施計画でしたが、東日本大震災が発生したため順延をし、今回の実施になった次第です。

 研修には、32名の会員が参加をし、マイクロバス2台で、山形県鶴岡市の羽黒山参拝、 庄内藩校 致道館、 そして庄内浜加茂水族館を見学してきました。

P10005681.JPG

羽黒山神社での記念写真。

P10005812.JPG

庄内藩校致道館での記念写真。

 

2011年4月17日

平成23年度 通常総会を開催しました。

 4月17日、浅舞公民館樽見内分館において、平成23年度 特定非営利活動法人 樽見内地域資源保全委員会 通常総会を開催しました。

 正会員総数 223名で、総会出席者数は、本人出席正会員 52名、 書面出席正会員 117名の出席で開催されました。

 議案は次の通りで、全議案原案通り承認可決になりました。

 第1号議案 平成22年度NPO法人樽見内地域資源保全委員会事業報告の承認の件

 第2号議案 平成22年度NPO法人樽見内地域資源保全委員会会計報告の承認の件

 第3号議案 平成23年度NPO法人樽見内地域資源保全委員会事業計画(案)の承認の件

 第4号議案 平成23年度NPO法人樽見内地域資源保全委員会予算(案)の承認の件

 

 ◎ 総会開催にあたり、当法人理事長 石山聞一の挨拶を紹介します。

 今日の総会に出席を頂いた皆さん、ご苦労様です。

 先月11日発生し、連日、東日本大震災並びに福島原発事故拡大による避難の報道に接する度に被災された方々や関係する方々の労苦に、今日出席を頂いた皆さんと共に心よりお見舞いを申し上げ、心より復興への光明を祈る日々であります。

 年明け1月6日から毎日のように降った雪で、記録的な大雪に見舞われ、農業被害が続出し、特に醍醐地区のリンゴなどの果樹の枝折れやブドウ棚、パイブハウスの損壊と、雪消えが大変心配されるところであり、被害に遭われた方々にお見舞を申し上げます。

 長かった冬も終わり、ようやく、遅ればせながら春が一日々と近づいてまいりました。

 本日は、土づくり、種蒔き準備などの農作業でお忙しい中、農地・水・環境保全向上活動事業を実施しているNPO法人樽見内地域資源保全委員会、平成23年度通常総会にご出席を頂き、厚くお礼申し上げます。

 先の第4回農村環境・環境保全型農業を集いの挨拶の際も申し上げましたが、今、農村では米価の低迷、少子高齢化の現実、農業の担い手不足、耕作放棄地の発生、生産調整、TPPへの参加など農業、農村が抱えている課題が数多くあります。

 その中で、今年で最終の5年目に入ります農地・水・環境保全向上対策事業は農村に暮らす私たちにとって重要で、大変意義ある事業であります。

 当樽見内地域において、この事業を実施したことにより集落が明るく元気になり、活気が戻り、そしてあふれております。

 農事組合法人樽見内営農組合とタイアップした活動を行うことにより、「小さな輪(和)から大きな広がり、そして目指すは結いの復活」をスローガンにして、地域ぐるみの活動や地域交流を通じ、農業、農村環境にも明るさを取り戻しつつあります。

 今後、この事業が終わった後、継続するのか、廃止になるのか、まだ不透明でありますが、今日の議案説明にありますが、この事業後の集落の在り方を皆さんと共に考え、検討し、今年度中に体制整備構想を纏めることになります。

 また、総会の議案内容は前もって会員の皆さんに配布していますので、今日の通常総会が会員の皆さんのご理解とご協力により、無事満場一致で提出議案の承認が頂けるものと信じています。

 最後になりますが、今日の通常総会が有意義に終えますと共に、会員の皆様の益々のご健勝を心からご祈念を申し上げ、開会の挨拶と致します。

 今日は大変ご苦労様です。

H23041701.jpg

挨拶をする石山聞一理事長。

H23041702.jpg

議長を務める小松 均さん。 議案説明をしている小野寺幸雄事務局長。

H23041703.jpg

議案説明をしている渡さん。

H23041704.jpg

総会出席の皆さん。

 

 

 

2011年4月10日

フラワープレゼント作戦を行いました。

 横手地区交通安全協会 樽見内支部(支部長 渡部久勝)で、交通安全運動の一つ、フラワープレゼント作戦を行いました。

 信号機に見立て、赤色、黄色、青色のパンジーを樽見内支部の会員宅に配布し、交通安全を祈願し、大事に育ててほしい、と願いを込めてーーー。

  H23041011.jpg

樽見内農村公園で、パンジーの小分けをしています。

H23041012.jpg

プランターに植えて、信号機に見立てています。

 

樽見内八幡神社に奉納する恵比寿俵をつくりました。

 4月14日に樽見内八幡神社に奉納する恵比寿俵をつくりました。

 恵比寿俵は、村人12人が樽見内営農組合の事務所に集まり、五穀豊穣、無病息災、家内安全そして東日本大震災の復興を願いつくりました。

H23041001.jpg

俵に注連縄を付けている作業です。

H23041002.jpg

俵を台に縛り付けている作業です。 

H23041003.jpg

色紙で、俵の飾り付けを作っています。

H23041004.jpg

俵に飾り付けを付けている作業です。

H23041005.jpg

完成した恵比寿俵です。