2014年11月22日

全体会議を開催しました。

組織の全体会議を午後6時より開催しました。
渡部副代表より、事業活動の報告並びに、今後の活動予定が報告されました。
599_400.JPG
真剣に協議する参加者の皆さん。

資源向上活動の補完工事が始まりました。

資源向上(長寿命化)の補完工事が始まりました。
地域の方々の冬期間の雇用と、受益者の維持管理費軽減のための組織直営の活動です。
今年度の工事水路は、
1.谷内排水路 延長407m 排水フレームの入れ替え
2.笛吹田用水路 延長215m ベンチフレームの入れ替え
の2か所です。
575_400.JPG
笛吹田用水路の丁張り作業の様子
581_400.JPG
谷内排水路の丁張り作業の様子




2014年11月14日

農道・水路等の点検・機能診断を実施しました。

今朝、小雨が降る中、農地維持管理委員会(十数名参加)により、地域内の補修が必要な農業施設の点検並びに、機能診断をしました。
DSC00560_400.JPG
水路の点検・機能診断の様子。
DSC00559_400.JPG
今後の補修計画策定のため必要な作業です。

2014年11月 8日

渡さんが、農村振興リーダー研修会で、事例報告をしました。

 11月7日、仙台市で開催された「農村振興リーダー研修」において、渡さんこと渡部一男が樽見内の活動紹介をしました。

 この研修会は、多面的機能支払交付金制度の展開を支援する農村振興リーダー研修会で、平成26年11月5日~7日の3日間の開催で、研修最終日に、青森県八戸市 の緑地区環境を守る会(事例紹介者 八戸平原土地改良区 坂本大輔さん)と、渡部一男が樽見内地域農地・水・環境保全組織の活動を紹介しました。

 研修会の参加者は、約100名と感じました。

a2611071.jpg

a2611072.jpg

a2611073.jpg

a2611074.jpg

a2611075.jpg

 久々に多くの方々を前にしてのお話、緊張しました。

 また、発表時間も 30分ということで、時間の配分も難しく、出来れば1時間ぐらい欲しかったです。

 そして今は、私の秋田弁での事例紹介、皆さんに理解して頂けたかが、ちょっとだけの不安です。