農事組合法人 樽見内営農組合のページです。

2009年4月アーカイブ

 4月下旬、畔塗り作業に追われています。

 畦畔の再構築の畔塗り、雨の日が続いたため、作業に追われています。この作業、5月上旬まで続きそうです。

  IMG_1444.jpg

IMG_1445.jpg

 

| | コメント(0)

 4月28日、樽見内営農組合の構成員 10名で、あきたこまちの種蒔き作業を行いました。

 今日は、播種機2台を使い、約1,700箱に播種しました。

 それぞれが役割を持ち、育苗箱に育苗マットを入れる係、播種機に携わる係、土と種子の状況を確認しながら補充する係、播種した育苗箱をハウスに運び並べる係などを分担し、作業にあたりました。

 今日まで播種した育苗箱数は、あきたこまち種子で、約5,000箱です。

 明日からは、加工米用のめんこいな、飼料用米のふくひびき、WCS用のべこごのみ、米粉用米のあきた63の播種をします。

 

IMG_1441.jpg 播種作業

IMG_1443.jpg

 

| | コメント(0)

 4月22日の大安、樽見内営農組合の種播きを行いました。

 あきたこまちの種子を約1,200箱播きました。これから順次、種播き作業をしますが、組合で播種する箱数は 約6,300箱予定しています。

IMG_1434.jpg 種播き作業

IMG_1435.jpg

種播きをした育苗箱は、軽トラックに積込みます

IMG_1436.jpg 

 軽トラックで直接、育苗ハウスに運び、ハウス内に並べます。 そして、芽が出るまで、太陽シートで被っておきます。写真手前の銀色が、太陽シートです。

 今日は、大安で種播きということで、そして当地区の桜も満開、種播き作業が終わった夕方、花見会をしました。

| | コメント(0)

 4月19日、20日に水稲の種播き準備作業、育苗箱に床土を入れる作業をしました。

 床土には、いなほ培土を使用しています。床土は、JAより 500kg入りのフレコン入りを購入し、軽トラックにバラで積込んでもらい、使用しています。

 全部で1,300箱に床土をいれましたが、残りの約5,000箱には、床土の代用品の育苗マットを使用します。

IMG_1432.jpg 床土入れの作業です。 

IMG_1433.jpg 

床土は、軽トラックの荷台からからスコップを使い、床土入れの作業機に入れます。

| | コメント(0)

 4月7日、水稲種子の温湯消毒の作業が終了しました。

 温湯種子消毒をした品種は、あきたこまち、めんこいな、たつこもちの品種です。

 また、飼料用米とWCS用の種子「ふくひびき」「べこごのみ」を塩水選をし、温湯消毒をしました。

IMG_1431.jpg 

塩水選作業

 

| | コメント(0)

 4月4日(土)、大安の日に水稲種子の温湯殺菌作業を開始しました。

 水稲種子の温湯殺菌は、専用の温湯殺菌装置を使い、60度のお湯に10分間浸した後、冷水で冷やす作業となります。

 1回の作業で、16kgの種子消毒ができる装置を使っています。

IMG_1424.jpg 種子の小分け作業

IMG_1428.jpg  温湯殺菌消毒装置

IMG_1430.jpg 青い容器は、冷水

 

| | コメント(0)

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
農事組合法人 樽見内営農組合
事務所の所在地
〒013-0104 
秋田県横手市平鹿町樽見内
字三ツ屋92-1
TEL 0182-24-3986
               38-8172
FAX 0182-38-8858
Email  watasan43@ac.auone-net.jp