農事組合法人 樽見内営農組合のページです。

2016年2月アーカイブ

 2月21日 午後3時より、平成28年度 農事組合法人 樽見内営農組合 通常総会を開催しました。

 総会議案は、

   (1) 平成27年度 事業報告の承認について

   (2) 平成27年度 収支決算の承認について

   (3) 平成28年度 事業計画(案)の承認について

   (4) 平成28年度 収支計画(案)の承認について

               以上で、全議案とも満場一致で承認されました。

w2802211.JPG

 開会にあたり挨拶をする代表理事 深澤清助。

w2802213.JPG

 議長席の小野寺智義。

w2802212.JPG

 監査報告する監事 草薙行夫。

 

| | コメント(0)

 2月17日~18日、発芽機はらそら豆種子を取り出しました。

 発芽機のそら豆の根が出ているかを確認し、根が出てきたそら豆種子を選別し、発泡スチロール箱に入れ、雪の中に保存しました。

s2802171.JPG

 

s2802172.JPG

 根が出たそら豆種子

s2802182.JPG

s2802184.JPG

根の出たそら豆種子を発泡スチロール箱に入れました。

s2802183.JPG

 まだ根の出ていない種子は、トレーに戻し、発芽機に戻します。

s2802173.JPG

s2802181.JPG

 雪の中に発泡スチロール箱を保存しました。

 「何故、このような面倒な作業をするのか?」、当組合は、始めてのそら豆栽培ですので、分かりません。

 そら豆の栽培指導者の助言に従って作業を進めています。

 

| | コメント(0)

 2月12日~13日、そら豆の種子を播種しました。

 組合で今年から新たや作付け取組として、そら豆を始めます。 約20aの作付けを計画しています。

 そら豆の播種から出荷するまで、栽培日誌を紹介していきます。

s28021201.JPG

播種するそら豆種子です。

播種前にビニール袋から取り出し、ネット袋で2日間入れておきました。

s28021202.JPG

そら豆種子の大きさ。

s28021203.JPG

播種用に使用する育苗培土。

s28021204.JPG

トレーに約4㎝k育苗土を入れました。

s28021205.JPG

育苗土に水を掛けて、よく水分を混ぜ合わせ、トレーに入れました。

その後、播種する箇所に印を付け、そら豆を丁寧に並べます。

s28021206.JPG

播種後、篩を用いて、覆土します。

s28021207.JPG

発芽機に入れます。

s28021301.JPG

発芽機の温度設定は、20度にしています。

5日間ぐらい、発芽機で管理します。

 

| | コメント(0)

 2月4日 立春、 いい天気です。

 正午の気温 7℃、この時期として 暖かい日です。

 渡さんの田んぼの積雪 90㎝、 昨年と比較すると大部少ないです。

a2802041.JPG

渡さんが田んぼで仁王立ち? いいえ、積雪を調べているのです。

a2802042.JPG

a2802043.JPG

渡さんの田んぼの積雪、90㎝でした。

 

| | コメント(0)

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
農事組合法人 樽見内営農組合
事務所の所在地
〒013-0104 
秋田県横手市平鹿町樽見内
字三ツ屋92-1
TEL 0182-24-3986
               38-8172
FAX 0182-38-8858
Email  watasan43@ac.auone-net.jp